よろしくな、あ・い・ぼ・う

今回は創作もの記事で前回からの続きとなります!

時間的には前回となる銀毛の多色性三月兎の直後、セラサイトがアレックスをさくらの庭から追い払った直後からですね
今回記事のタイトルはキャラクターのセリフの中からとってみました。今度からこれで統一してみようかしら?

続きを読む

スポンサーサイト

銀毛の多色性三月兎

超久し振りの創作物記事です!!!

いつも内容は長いですが、今回もやっぱり長い!そんでもってシリーズものになる予定です。一体誰に得があるんだろうね

過去の創作関係をまとめた記事もリンクとしておいておきます→お話しを纏めてみた



今回シリーズ通してのタイトルは「理想の英雄像」で、ECOで商人をやってる私のキャラ「染伊予リナ」がメインとなる話を予定しています。登場するキャラも段々多くなってくるので、このキャラどんな設定だったかなと思ったら、ブログのプロフィール欄の「百桜集」から確認お願いします

あ、まだ紹介できてないキャラもいるのでそこは後で追加します

月一間隔で投稿できたらいいなあ(願望)



今回から新しい要素を多く取り組んでみて、セリフだけでなく状況や心理を描いた説明文の他、戦闘要素が入っております。傷つけたり傷つけられたり、性転換っぽい?所もあるのでその辺が苦手な方はご注意ください。あと文章表現力も乏しいです!

続きを読む

鼻腔を突く疑惑

レゾンデートル1

レゾン「私がお姉様の元へ訪れないもう一つの理由なのだけれど」



染伊予リナ1

リナ「毎度ありっスー。ん?もう一つの理由?」



あれからレゾンはちょくちょく私の露店に来るようになった。暇じゃないと言ってはいたが、結局それは嘘なのだろう



レゾンデートル1

レゾン「私が、男というものを嫌っているのは知っているわよね?」



染伊予リナ1

リナ「まあ、光太郎や七夕の日に一度だけさくらさんの飛空艇に訪れた人への反応を見れば………」



レゾンデートル6

レゾン「……お姉様の飛空庭には、男の臭いが漂っているのよ………」



染伊予リナ1

リナ「………ああー、光太郎がいるっスからねー」



レゾンデートル6

レゾン「そいつもだけれども。まだ他の男の臭いを感じるのよね」



染伊予リナ5

リナ「え?人によって匂いが違うんスか……七夕の日のあの人じゃないんスか?」



レゾンデートル3

レゾン「違うわね。あの男の娘よりもずっと前から感じる臭いが一つ。それがひどく不快で、今までほとんど行く気になれなかったわ」



染伊予リナ1

リナ「光太郎より前から……今から飛空庭に行ってもその匂いってするんですかね?」



レゾンデートル1

レゾン「ええ、今日も飛空庭に登る紐からしてたわ」



染伊予リナ5

リナ「今日もって……一応こまめに確認はしてるんすね。でも私も他に男性がいるなんて知らないっスよ?」



レゾンデートル1

レゾン「貴女も知らないの?」



染伊予リナ1

リナ「さくらさんだけでなく、志乃からもそういう人物の事なんて聞いてないっスよ」



レゾンデートル1

レゾン「そうなの。もしかしたら志乃も知らないのかもね」



染伊予リナ1

リナ「さくらさんに聞いてみるしかないっスかね?」



レゾンデートル5

レゾン「い、嫌よ。もしもそいつが、お姉様と深い関係だったらどうするのよ?」



染伊予リナ1

リナ「普通に仲のいいお友達なんじゃないっスか?」



レゾンデートル5

レゾン「仮にそうだとしても嫌だわ。あの男の娘よりも昔から……その上ずっと臭いが残り続けてるのよ!も……もしもお姉様とただならぬ関係だったら」



染伊予リナ5

リナ「レゾン落ち着いて。目が恐いっス……!」



レゾンデートル6

レゾン「はあ……はあ………お姉様は、何故その男を私達に紹介しないのかしら」



染伊予リナ5

リナ「……レゾンって変に鼻が利くみたいだし、別のものと勘違いしてるんじゃないスか?」



レゾンデートル1

レゾン「私の鼻に今まで間違いはなくてよ。今回ばかりは間違いであってほしいけれど………ん?」



染伊予リナ1

リナ「ん?どうしたんスか?」



レゾンデートル5

レゾン「もしかしたら……お姉様ですらその男の存在に気付いてないんじゃないかしら?」



染伊予リナ5

リナ「そうすると全く知らない人が、さくらさんと志乃の飛空庭に上がり込んでるってことになるっスね……ってそれもうただの不法侵入じゃないスか!」



レゾンデートル3

レゾン「お姉様が着替えてる時の姿や入浴、睡眠中も全て覗かれてる?………あ、あぁぁ…………」



染伊予リナ5

リナ「あの、レゾン?」



レゾンデートル3

レゾン「許せない……すぐにでも見つけ出して茨に逆さ磔火あぶりの刑に処してやられば………」



染伊予リナ1

リナ「ちょちょちょっと!まだそうと決まったわけじゃないっスからね!?」



レゾンデートル3

レゾン「お姉様に近付く卑しい者は死すべし……慈悲はない」



染伊予リナ5

リナ「……さくらさんの彼氏説とかを消したくて、無理やり考えが固定化されてるっス…………」



でも、答えがさくらさんと仲がいい人だろうが赤の他人だろうが『誰かも分からない』というのは私にとってもすごく不安だ

レゾンの言う通り、頻繁にさくらさんと志乃の飛空庭に上がり込んでいるのであれば、相手は私たちの存在も認識しているのだろう

今のところ私達が分かっているのは、たった一人の男性ということだけ

姿も見せない謎の人物。一体何者なんだろう………














さて、今回からお話しの記事は全部創作関係のカテゴリに入れておこうと思います。そうしないと本人ですら過去の話掘り返すのも大変ですしねw

ちょっとだけセリフ以外の文章、小説における「地の文」に当たはまるのかな?そういうところも書いてみました。面倒くさがりなのでかなり最低限書いたつもりですが、ないよりかはマシ……かな?

お話しを纏めてみた

今回は自身の創作ものを、タイトル通り纏めた記事です

カテゴリをECOに入れているので、振り返って読もうにも沢山ある記事から探さないといけないので大変不便な状態です。ざっと記事を掘り返して投稿順に記載、補足や感想を書いてみました

過去の記事を読み返すだけでなく、自分で描いた話に感想とかすごく恥ずかしいですねw

ピンク色のタイトルをクリックするとその記事に飛べ、横には登場するキャラクター名を書いております



「サブキャラ紹介」………染伊予志乃

ECOで志乃が初登場する回

といっても会話どころか志乃の一言のみしか書かれておりません。これ以降の記事もしばらく短い会話ばかりとなります



「( ゚∀゚;)アワワワ...」………yoshino桜、染伊予志乃

「志乃、サンタになる!」………yoshino桜、染伊予志乃

「発進、飛空庭!」………yoshino桜、染伊予志乃

「オートマタ入手(サファイア編)」………yoshino桜、染伊予志乃

基本的にさくらと志乃の2人の会話。記事を重ねごとにそれぞれがちょっとずつ話し方に特徴が出てきて、さくらはゆるーい感じに、志乃はちょっとお硬い感じになってます

「オートマタ入手(サファイア編)」から少し長めの会話が出てくるようになり、キャラのSSを貼るようになりました。ただし途中でSS貼るをやめてしまってます

そういえばセリフの中に顔文字や「w」が入ってますね。いつからか入れないようにしました



「プレシャス・ストーン」………yoshino桜、染伊予志乃

「香ばしいアーム」………yoshino桜、染伊予志乃

「オートマタ合体!」………yoshino桜、染伊予志乃

「とある桜の日常生活」………yoshino桜、染伊予志乃

「妄想乙?」………yoshino桜、染伊予志乃

「とある桜の日常生活」と「妄想乙?」は志乃のキャラがかなりブレた回でした。結局百合っぽい属性は以降もちらほらあると思いますけどね

志乃が可愛いモノ好きであるが服を着こなす自信がないのでおしゃれをあまりしない設定は、これ以降も引き継いでます



「新キャラ登場!」………染伊予志乃、染伊予リナ

リナが初登場する回。全然キャラクターの設定も考えてないですが、この頃から「~っス」は健在。ちょっと不良っぽいキャラ設定も考えてました



「君の髪をセットするといったな、あれは嘘だ」………染伊予志乃、染伊予リナ

「リナの飛空庭」………染伊予志乃、染伊予リナ

「染伊予と光の塔」………yoshino桜、染伊予志乃、染伊予リナ

とある桜の日常生活Ⅱ………yoshino桜、染伊予志乃

「染伊予志乃の憂鬱」………yoshino桜、染伊予志乃、染伊予リナ

「染伊予とウォーターレイヤー島」………染伊予志乃、染伊予リナ

「海底に轟く溶岩流」………yoshino桜、染伊予志乃、染伊予リナ

「連休明けて」………yoshino桜、染伊予志乃、染伊予リナ

志乃とリナの二人が会話の中心となって、飛空庭の紹介やダンジョンに潜ったりしております。髪型を変えたり、お顔スイッチャーの登場で二人にツインテールや赤い目といった共通点が出始めました

志乃のキャラもちょっと変わってきて、ちょっとツンデレっぽくなってきたかな?



「再来の薔薇」

会話はないですが、レゾンがECOで初登場する回です

薔薇の悪魔という設定はPTCの頃から変わってないですが、さくらと関わることでいろいろ濃いキャラになってきてます



「染伊予リナの逃避」………yoshino桜、染伊予志乃、染伊予リナ

「染井予リナは勇気が少ない」………yoshino桜、染伊予リナ

「もしも非戦闘員のリナがトレーダーのスキル「ビートスマッシュ」を覚えたら」………染伊予志乃、染伊予リナ

「回る4重奏と異界の傭兵」………染伊予リナ

「染伊予リナの逃避」、「染井予リナは勇気が少ない」、「もしも非戦闘員のリナがトレーダーのスキル「ビートスマッシュ」を覚えたら」、「回る4重奏と異界の傭兵」の四つで一括りの話となります

リナに対して厳しく接する志乃と甘やかすさくらが描かれていますが、それより前の記事では志乃もリナを憑依させてレベルアップさせてあげており、実際は志乃の方が付きっきりな状態で甘やかしてたり

最終的にはいろいろスキルを覚えて、一人(傭兵付)でもある程度狩りができるようになりました

ちなみに地味にタイトルで「染井予」と打ち間違えてます



「令嬢と修道女」………yoshino桜、染伊予志乃

先ほども述べた通り志乃はおしゃれを好まないので修道服を着ることを拒みますが、最終的には折れて着ることに。カワイイ服なので、まんざらでもなく少し複雑な気持ちの志乃



「2nd anniversary」………yoshino桜、染伊予志乃、染伊予リナ、レゾンデートル

4人で記念写真を撮る回。ようやくレゾンが会話に加わってきました


「御姉様だけど、愛さえあれば関係ないよねっ」………染伊予リナ、レゾンデートル

ノベルゲーム風のSSを使い始めた記事で、リナとレゾンの2人が中心に会話しております。またリナが荷物持ちと呼ばれ始める回

この頃のリナはまださくらに対するレゾンの気持ちに気付いてない模様



「石の少女」………yoshino桜、染伊予志乃、染伊予リナ、セラサイト

セラが初登場する回。かなり立場が上で、志乃に対しても容赦がありません。でも身長はいちばん小さいという設定です



「染伊予志乃の浅夢」………yoshino桜、染伊予志乃、染伊予リナ、レゾンデートル

さくらが志乃に膝枕をする回。小さい頃から両親がいない志乃にとって、さくらの温かさ安らぎを感じ段々受け入れていくようになったお話です

夢ではありますが、さくらが初めて染伊代神社に現れたころについても少し触れています



「欲するものの残滓」………yoshino桜、染伊予志乃、レゾンデートル

「誘う無限回廊」………yoshino桜、染伊予志乃、染伊予リナ、レゾンデートル、セラサイト

「欲するものの残滓」と「誘う無限回廊」で、レゾンにスポットを当てた会話となります

レゾンは自身が悪魔で危険な存在と知りつつも受け入れてくれる人達が存在し、自分の存在理由を考え始める話



「ご注文はヨーグルトですか?」………yoshino桜、染伊予志乃

「海をなでる沫」………yoshino桜、染伊予志乃、染伊予リナ

ヨーグルトの話。ちなみに体格の設定ですが、さくらはスレンダーで152㎝(FF14でも実際にこの身長)、志乃は164㎝で胸に脂肪がたまってる分体重を少し気にしています




「狐日和」………yoshino桜、染伊予志乃

ここからさくらと志乃の会話を中心としたシリーズものが開始。ECOの転生システムにかかわる話で「二人の約束シリーズ」と勝手に名付けてます

途中新キャラが登場するなど違う話もありますが「常しえの末に誓約を」まで続きます



「淵の澱みの中で」………染伊予志乃、染伊予リナ

「二人の約束シリーズ」第二話。嫌がるリナを無理やり引っ張ってエミルドラゴンを倒しに行きます



「夏だ!水着だ!!○○○の娘だ!!!」………yoshino桜、染伊予志乃、染伊予リナ、レゾンデートル

どちらかというとコラボキャラを紹介する記事。ここでレゾンが男性に対して異様に毛嫌いする様子も描いております



「思いが齟齬する七夕の日の二人」………yoshino桜、染伊予志乃、染伊予リナ、レゾンデートル、セラサイト、瀬織津姫、モリヤ

新キャラの瀬織津姫、モリヤが登場する回。キャラ数も多くなってフォントの色分けもしにくくなり、非常に読みにくい会話となっております

会話で初めて男性が混じっておりますが、それ以降モリヤの出番はありません



「吐故納新と温故知新」………yoshino桜、染伊予志乃

キャラのSSを貼るのを再開し始めた回。キャラも覚えやすいでしょうし表情もあってかなり読みやすくなったような気がします



「グッバイ自分。ハロー、ニュー自分」………yoshino桜、染伊予志乃

「二人の約束シリーズ」第三話。志乃が転生を終えてさくらが祝福するお話

何でも言っていいからね、何でもいいから!



「イナイイナナイメモリー」………yoshino桜、染伊予志乃

ナナイの紹介の後に「二人の約束シリーズ」第四話があります

今のところECOのキャラと自分のオリジナルキャラを会話させたりする予定はないです。ただし光太郎君は特別です



「常しえの末に誓約を」………yoshino桜、染伊予志乃

「二人の約束シリーズ」最終話。区切りとはこのシリーズに対してですね

神社の巫女として同じ地にいなければならない事と、さくらの夢を秤に、志乃が葛藤した末に自分の思いを叫ぶ話



二人の苗………yoshino桜、染伊予リナ、セラサイト、アレックス

「二人の約束シリーズ」のエピローグでもあり、次のシリーズのプロローグでもある話。いつかの記事で紹介したけど今回初めて会話に参加した、Alexandriteことアレックスも登場する回

会話で伏せられたり分かりにくい内容があると思いますがわざとやってます。ちゃんと伏線回収できる自信はないですがw


記憶色の雨にぬれて………yoshino桜、染伊予志乃、瀬織津姫

さくらと志乃との会話にセオリが乱入する回

表情差分用意するのが大変ですが、一度用意すればあとは楽ですし読み返すのも楽しいですね。メインで使う髪型やお顔スイッチャーを変えるとまた作り直さねばなりませんが



安心できる場所………染伊予リナ、レゾンデートル

久しぶりにリナとレゾンの二人が中心のお話です。この二人も友情的なものが芽生え始めてる…?



とりあえずはこれで全部かな?ECOカテゴリ以外の記事でも会話してるところはありますけど、だいたいゲームの解説なのでここでは割愛します

またある程度は創作ものを更新したらこの記事も更新していこうか……それより専用のカテゴリを作ってしまった方が手っ取り早い気がしますw

百桜集(陽)

※注意!投稿した後で予告なく内容が一部消えたり、書き換えたり、追加したりします。
更新情報はある程度書き残しておこうかと思います。それとブログの左上にあるプロフィール欄に最新の更新日を載せるようにします

とりあえず今はECOでの会話パートでよく出そうなキャラを書きておきます。キャラ設定とかシナリオは普段メモに残さないので、こうやってちゃんと書き残しておくのはこれが初めてかも?
ちなみに記事のタイトルの()部分を抜いたのが、染伊予志乃が主人公の話でのタイトルです。万葉集の「葉」を「桜」に変え、「万」は「百」に変え、たくさんの染伊代一族を指します。

更新状況
8/4染伊代リナ追記 「優しくて頼れる~」、セラサイト追記 「志乃の恋話~」
8/12染伊予志乃追記、レゾン・デートル追記、セラサイト追記、モリヤ追記
8/17セラサイト画像入れ替え、瀬織津姫画像入れ替えと追記

2016
1/12書く文章の表現を一部変更。yoshino桜、染伊予リナ、レゾン・デートル、セラサイト、瀬織津姫の画像を変更

最新の追記は赤字で表示し、次回以降は黒に戻していこうと思います








ECO918.png

yoshino桜

ブログ主のハンドルネームとして使われてる名前だが、いつしか一人のキャラクターとして独立するようになった。

狐の幽霊で、「とある人物」との約束を果たす為に、染伊予神社にやって来た。今回志乃の修行と称し、共に電脳世界での旅を始める。
神社のメンバーの中では新しい方だが、そうとは思えないほど自然と溶け込んでいる。というのも「とある人物」とは何度か顔を合わせたことがあり、事前に神社の中での住人達や様子を聞いていた。

柔和な性格で、優しく面倒見がいい。志乃やリナやレゾンを我が子のように思っており、電脳世界で物理的に触れあえることに喜びを感じている。

好きな食べ物はお肉全般、ヨーグルトやデザート、嫌いな物はワサビ。



ECO569.png

染伊予志乃

元々とあるシナリオのサブキャラ…だったのが、いつの間にか分化して新しいシナリオの主人公になったキャラクターでもある。

染伊予の巫女は代々染伊予神社を守護してきた巫女達で、その歴史は1000年以上も続いている。

学校は中学校まで出ており、それからは染伊予神社の宮司を務めて現在17歳。小さい頃に母親を亡くしており、父親とは現在までずっと別居。母親とも思える「とある人物」と修行を経て、徐々に染伊予としての力を開花させていく。
だが、ある日を境に「とある人物」は意識不明となる。以降それが原因か、誰に対してもいつもと違う態度をとるようになった。それから1か月後、yoshino桜との出会いを果たす。

yoshino桜に対するイメージは、母親というよりはお姉さんに近い。yoshino桜の金遣いの荒さには何度も注意してるが、自分も可愛いもの好きで、よくyoshino桜のために衣装を購入している。
突如神社に訪れたさくらを初めは警戒するも、『とある人物』や神社の事を知る彼女を信用し、幽霊であるはずの彼女から温かさを触れ、いつの間にか彼女の魅力に引き込まれている。

同じ染伊代の血筋を持つリナより年下ではあるが、あまりに頼りないリナを志乃が面倒を見ている。時に厳しいことも言うが、それもすべてリナの事を想っているからこそであり、せめて自身の身を守れる程度に放ってほしいと願っている

レゾンは小さい頃に命を救われたのを理由に、陰ながら志乃を守ってきた。志乃にとっては本当に些細なことしかしていないのだが、レゾンのその真摯な行動を賞し、染伊代神社の仲間としてレゾンを誰よりも信頼している。
レゾンが過去におかしな行動を起こしたのも、レゾンとは別の意志が働いた為だと言うレゾンの主張を信じている。

甘い物が好きだが、自分の今の体型にコンプレックスを抱いている為控えている。
セラからの結婚の話をとにかく避けようとするが、別に結婚や男性に興味がないわけではなく、かといって気になる男子がいるわけでもない。そのうち運命の人に出会えるだろうと安易な気持ちで日々を過ごしている。



ECO1009.png

染伊予リナ

人間の女で、志乃とは曾祖母の代で繋がった、歴とした染伊予の後継者。しかし巫女としての修行を積んでいないので、一般の人間とさほど変わらない。
元々遠く離れたところに父と二人で住んでいたが、染伊予神社にはyoshino桜の少し後からやって来た。志乃より歳上で19歳。おとなしいが無口ではなく、メンバーの中では冷静に物事を見つめている方だ。ただし臆病な性格で、恐ろしいものを見るとすぐ逃げ出してしまう。
優しくて頼れる大好きな父の影響を受け、ヒーローやロボットに憧れを抱いている。父が小さい頃から持っていたヒーローの人形や手間暇かけて作ったプラモデルを、今でも大切に所持している。

神社やメンバーについては何も知らないので、他のメンバーを通して閲覧者が知るきっかけ作りにも一役買っている。



ECO1005.png

レゾン・デートル

染伊予神社に居着く3歳の悪魔。しかし生まれた頃から容姿は変わらず、神社のメンバーの中では一番グラマラスな体型。

他の悪魔に比べると、極端に弱い部類に入る。多少の魔法は扱えるが体が脆弱で人並み。基本的に水と日光さえあれば生きていける。

志乃には二度命を救われた恩人であり、この身に替えても守ると誓うほど、義理堅い性格の持ち主でもある。
yoshino桜に一目見て恋をし、彼女の事を「お姉様」と呼んでいる。
生まれて間もないころからずっと空を飛ぶことを夢見ていて、条件付きとはいえ空を飛べるフワとモデファイに憧れを抱いている。

男性を極度に嫌っており、汚物と同等と認識している。

時々、自分の心の中で声が誘惑してくるのが悩みである。



ECO998.png

セラサイト

元々人間であった魂が、死後に魂が肉体から抜け出した後、石の中に閉じ込め再びこの世を歩むこととなった。
生前の名前は「星羅(セイラ)」生まれ変わってから染伊代神社にやってきて、それから1000年近く住んでいる。「とある人物」と瀬織津姫に次いで神社でかなりの古株である。石の体なので容姿はずっと変わらず、人間の頃の14歳のままである。

染伊代一族が絶えることなく子孫を残し続けることを最優先に考え、危険因子はなるべく排除しようと考えている。特にレゾンは悪魔で前科持ちなので非常に警戒している。「とある人物」が推していたとはいえ、yoshino桜の事もあまり信用していない。

染伊代の一族は基本的に短命なので、志乃には早く結婚して子供を作ってほしいと切実に思っている。だが肝心の本人に余りやる気はない模様。
志乃の恋話に何の進展のないまま神社に染伊代リナがやってくる。染伊代の結婚などの話は、今度はリナに矛先が向けられようとしている。

モリヤとは人間の頃夫婦関係だったが、今はセラサイトの方から強く拒絶している。
口が悪く、態度も悪いが、これでも昔はおしとやかな性格だったとか。

石の体で食事は必要ないが、酒が大好きで宴が始まれば瀬織津姫と大量に酒を飲む姿が目につく。



ECO573.png

モリヤ

元々人間であったが、仙人になり、肉体さえ入れ替えれば不老不死になった。
染伊代神社より少し離れたところでひっそりと生き、度々セラサイトにちょっかいかける。

人間の頃夫婦の関係であったセラサイトのことを今でも愛し、昔の名前である「星羅(セイラ)」と呼んでいる。セラサイトを蘇らせたのもモリヤである。
彼女を一度たりとも嫌いに思ったことはなく、生き辛いこの世を離れ仙界に住む事を提案するが、顔を合わせるだけでも突っぱねられている。それ以外の女性はおろか、人間にすら興味を持っていないが、染伊代にだけは色々な恩や因縁が混ざり合っている



ECO1001.png

瀬織津姫

染伊代神社に崇められる神。「とある人物」と同じく初めからずっと染伊代と神社を見守ってきた最古株である。
世に蔓延る穢れ等を溜めこみ、毎年一度は溜まった穢れ等を、姉妹のいる海へと流すために川を下る。

瀬織の能力は漂う穢れや何かに取り憑く穢れを自分の体に移し替えることである。奥の奥まで根を張った頑固な穢れも根こそぎ持っていき、無尽蔵に溜めこめる。ただし溜めこみすぎると動きが鈍る他、視界も遮られる。また、自分の能力を他の物や者に効力を分散させることなく付与させることができるが、穢れへの精神的・体質的な耐性自体が上がるわけではない。染伊代は体を依代とし、セラにはお守りを持たせるなどして瀬織の力を付与することができる他、特にセラのお守りに溜まった穢れを定期的に回収するようにしている。

染伊代とは初代の頃からよく知っていて、お互い持ちつ持たれつの関係にあるので瀬織津姫自身は上下関係はないつもりでいる。

お酒や祭が大好きで、祝い事があれば何かと宴を要求する。



etc...

著作権について

エミル・クロニクル・オンライン    (C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc. このページ内におけるECOから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。 なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。    ドラゴンネスト    Published by NHN PlayArt Corp. Copyright © EYEDENTITY GAMES Inc. All Rights Reserved.    艦これ    Copyright © since 1998 DMM All Rights Reserved.    パズル&ドラゴンズ    Copyright © AppBank All Rigths Reserved.    エターナル・アトラス    ©2010 X-Legend Entertainment Corp. All Rights Reserved. ©2011 Vector Inc. All Rights Reserved.    モビルスーツガンダムオンライン    © 創通・サンライズ 開発・運営:株式会社バンダイナムコオンライン    テイルズウィーバー    Copyright © 2009 NEXON Korea Corporation and NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.    三國無双オンライン    © 2006-2014 コーエーテクモゲームス/Published by CJ Internet Japan Corp.    TERA    Published by NHN PlayArt Corp. Copyright © Bluehole Studio Inc. All rights reserved.    ファイナルファンタジーXIV    Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.   
プロフィール

染伊予神社

Author:染伊予神社
主に「yoshino桜」と「染伊予志乃」の2人が様々なMMOの世界を旅しています!
キャラ紹介「百桜集(陽)」最新更新2016/1/12


3DSのフレンドコード「1865-1310-8774」
スカイプ「sakura123yurayura」

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
庭への来場数
ようこそいらっしゃいました (*´ω`)_旦~
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR